総会 記事一覧

ヒマラヤ保全協会 2012年度 総会

DSC06304
〜 2012年度の目標:6万本の植樹!〜 ネパール東部・ソルクーンブ地域でも苗木の育成をおこないました。 本年の総会では、特別講演(会員総会プレイベント)としまして、ネパール治水砂防技術交流会理事長/ヒマラヤ保全協会会員の大井英臣さんにお越しいただき、「ネパール・セティ川の土砂災害 -緊急調査報告-」と題してお話しいただきます。特別講演とスライドショーはどなたでも参加で ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2011年度 事業報告

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2011年度も、ご支援ご協力をいただきまして誠にありがとうございました。ご納入いただきました寄付金などにより、約5万5千本の植樹をすることができました。深くお礼申し上げます。 1. ネパール現地事業 1-1. 「生活林」づくり ドバ村の苗畑 2011年度は、54664本の苗木を育成し、植樹しました。「生活林」とは日本でいう里山に相当する林のことです。植林地域は、ダウラギリ地域(ドバ村・ ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2011年度 総会

IMG_0209
~ 目標:4万5千本の植樹!~ サリジャ村では紙漉事業をすすめています。サリジャ村でつくったロクタ紙を、カトマンドゥの工房に初納品しました。 本年度も、ヒマラヤ保全協会総会を開催しました。 本年は、トークショー(会員総会プレイベント)としまして、在日ネパール人のソハン=トラチャンさんにお越しいただき、「在日ネパール人の見た日本とネパール」と題してお話しいただきまし ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2010年度事業報告

IMG_0323a
1. ネパール現地事業 〜約4万本を植樹しました〜 1-1. 生活林づくりプロジェクト 植林地でそだつマツの苗木(ベガコーラ村) 2010年度は、合計44,204本の苗木を育成、植樹をおこないました(2011年6月集計)。これで、苗木育成本数の累計は約80万本に達しました。事業地は、ナルチャン村・サリジャ村・ドバ村・ベガコーラ村でした。具体的には以下の活動をしました。 苗木の種子を購入 ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2010年度 総会

naeki
~ 今年度は4万本の植樹を目指します!~ < なっちゃん デビュー > よろしくね! 2010年度ヒマラヤ保全協会総会を開催しました。本年は、特別講演会(会員総会プレイベント)としまして、会員で森林保全アドバイザーの寺川幸士さんに、「ヒマラヤの大自、人、暮らし」についてご自身の体験を通して語っていただきました。会員総会では、植林・森林保全事業や、森林資源を活用した織物事 ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2009年度事業報告

IMG_3244a
1. ネパール現地事業 〜約2万6千本を植樹しました〜 1-1. 生活林づくりプロジェクト -第3フェーズが終了(ナルチャン村・サリジャ村)- 植林をすすめている地域(青線の上の領域、サリジャ村) ネパール・ヒマラヤでは、いちじるしい人口増加とともに森林の減少がすすんでいます。それは、ネパール・ヒマラヤで暮らす人々が、生活(堆肥や薪、家畜飼料の採取など)のため森林を伐採しなければならないから ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2009年度 総会

s
あなたの苗木をヒマラヤに植えてください!~ “One Piece One Tree”プロジェクト始動 ~ 本年もヒマラヤ保全協会総会を開催しました。本年は、特別講演会(会員総会プレイベント)としまして、会員の寺川幸士さんに、ネパールの森林保全の歴史についてご自身の体験を通して語っていただきました。また、会員の上原伸郎さんには、事業地ですすんでいる紙漉きの全プロセスを ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2008年度事業報告

IMG_9623
1. ネパール現地事業 1-1. 生活林づくりプロジェクト 苗畑で、ポット苗をそだてる(ナルチャン村、第16回山岳エコロジースクール)  2008年度は、合計21,111本の苗木生産、植樹をおこないました(2009年6月集計)。樹種は、ナルチャン村では、マツ(マツ科)、ハンノキ(カバノキ科)、パンユー(バラ科)、マラータ(薪用)、ポンカン(オレンジ)、シッソ(インデアンローズウッド)、トゥー ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2008年度 総会

4
 本年もヒマラヤ保全協会総会を開催しました。のべ33名の方々にご参加いただき、充実した会にすることができました。 本年は、会員総会プレイベントとして、講演会「ネパール 村人の暮らしと国際協力」(講師:清沢洋)、「サリジャ村の織物プロジェクト」(講師:遠藤昭一)を開催しました。 また、会員総会では、本年3月に終了した「植林プロジェクト(キバン-ナンギ地域)」(12年間で約70万本の植 ▶︎続きを読む

ヒマラヤ保全協会 2007年度事業報告

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1. ネパール現地事業 1-1. 森林保全プロジェクト ナンギ村の苗畑管理人のモッティさん。ヒマラヤ保全協会の森林保全プロジェクトを長年指導しており、なくてはならないキーパーソンです。  2007年度は、合計57,431本の苗木生産、植樹をおこないました(注)。1996年からの12年間で、のべ約71万本を植樹、約1,500ha(東京都の渋谷区に匹敵する面積)の森林を回復させました。 (注) ▶︎続きを読む